クラブゲッツは格安でお得なツアー商品を幅広く取り揃えております。

国内旅行・ツアーTOP > 旅の見聞録 > 「ホテルオークラJRハウステンボス」に泊まってきました!

旅の見聞録

「ホテルオークラJRハウステンボス」に泊まってきました!

2014年1月28日

九州ホテル

 

外観01

 

●部屋について・・・

 

写真にもありますが、「ステーションビュー」と「パークビュー」は、

もちろんですが景観がだいぶ変わります。

 

特に今時期は「光の王国」が開催されているので「パークビュー」の部屋は夜はムード満点です。

 

朝は園内が見えて、奥の海側からタイミングがよければ ワンピースの船が見れます!

(ちなみに私は見れて、特に大ファンではないですが テンションが上がりました★)

 

 

また目の前は家々がたくさん広がっており、別荘として住んでいる方々の建物がまた素敵で

海外の住宅街を見ているようです。

 

パークビューからの景色01

 

部屋によってバルコニーのある部屋もあれば、

バルコニーがない代わりに出窓のようになっている部屋もあります。

 

「ステーションビュー」は夜の景色は見れませんでした。

駅と街頭の明るさ位しかないので景色はあまり見れません。

しかし朝はJRが行き来しているのが見えるので、JR好きの方にはたまらないかと思います。

 

内装に関して「ステーションビュー」は、特にこだわったデザインではないですが

目に付くような汚い所はなく、きちんときれいにされているので

よっぽど何かがない限りは不満は出ないかと思います。

 

ステーションビュー(4名1室)01

 

 

私が泊まった部屋は「スーペリアパークビューツイン」だったので 内装もかなりおしゃれで、

クッションと枕(2種類)と抱き枕がついてました。

 

スーペリアパークビュー(ツイン)01

 

スーペリアパークビュー(ツイン)02

 

他の部屋はわからないですが、私たちが宿泊した部屋はコンセントが机に1つだけあり、

後は洗面台に1つある位なので充電にはちょっと大変かも…。

 

朝、清掃のスタッフの方々に会うと、わざわざ手を止めて「おはようございます」と

礼をしてくれたので、すごく気持ちよく過ごせました。

 

 

●喫煙所について・・・

 

禁煙・喫煙の部屋があり、1階には喫煙所もあります。

禁煙室に宿泊だけど、タバコが吸いたい方は ここで喫煙することになります。

 

 

●大浴場について・・・

 

大浴場は1階にあり、朝6:00~24:00迄営業していて、園内をぎりぎりまで遊んだ後でも入れます。

入口に入ると右側には靴を入れるロッカー(無料)、左手には受付があり、

その奥にはそれほど大きくはないですが、待ち合わせができる休憩所があります。

 

受付にはスタッフが常駐しており、部屋番号を伝えて更衣室のロッカーのカギ (

腕にはめるバンドタイプ)とバスタオル・フェイスタオルを受け取ってからじゃないと入れません。

(実際に、知らずにそのまま入ろうとすると止められました・・・)

ちなみに宿泊の部屋にももちろんタオルはありますが、色が違うので持って行かずに

受付でもらったのを利用することになります。

 

更衣室はスポーツクラブのように上下2段のロッカーで、中を開けるとハンガーもついてます。

また受付でもらったタオルを「使用後にはここに入れてください」というBOXも更衣室内にあり、

タオルを持った状態で館内を歩き回ることはないので楽です。

 

大浴場の中の洗い場(女性用)は、1つ1つは小さいですが

区切られている所と区切られていない所と併せて約20席ほどあり、

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープはちゃんと洗い場1つ1つにあります。

私はコスメにあまり興味がないので後から知ったのですが、いいブランドらしいです。

 

お風呂は寝ながら入れるようにもなっている作りのお風呂が1つと、サウナがあります。

お湯の色は茶色がかった濁ったお湯で、肌触りがよく(ぬるっとした感じ)

それほど熱くなくて適温といった感じでした。

 

また露天風呂は、大浴場からすぐ外に出て入れるため、それほど距離はありません。

雰囲気は和風な感じで、こちらも熱すぎなく

女性が話をしながらゆっくり入れるくらいの温度でした。

 

洗面台は女性用は9席で、1袋ずつ個包装されているブラシと

よくある温泉地の化粧水セット・綿棒・ドライヤーがありましたが、

混雑時にはドライヤー待ちが出るかと思われます。

それでも清潔感がある雰囲気で利用しやすい環境でした。

 

それとイチオシと勧められた「作務衣」!

 

作務衣01

 

麻素材のとても着やすい素材で大浴場利用の際のみ着たままで移動してOKだそうです。

(食事利用等といった大浴場利用以外は、作務衣で歩いちゃいけないそうです)

 

 

●朝食について・・・

 

朝食は1階和洋食のバイキングで、場所としてはパークビュー側に位置しており

窓側に座ると景色がいいです。

 

朝食会場01

 

ちなみにその日のお客様数によってですが、

多客時には3階の和食のレストランも利用できるようになるそうで、

両方営業の時に宿泊された方は、どちらか好きな方を 利用時までに選べます。

ただしそれほどお客様が多くない時(通常)は1階の和洋食会場のみの利用になります。

今回私が宿泊した時は選べたのですが1階を利用しました。

 

1階の和食内容と3階の和食内容は違うのか伺ったところ

やはり和食のみということもあって内容は違うそうです。

1階の会場は和食よりも洋食の方が料理は多かったイメージが…。

 

パンは「ドイツ風○○」といったドイツ風のパンが数種類あって

少しずつ食べれるように小さめのつくりになってます。

ちなみにこのパンは1階のお土産屋さんの端に小さいですがパン屋さんがあり、

そこで販売しているものです。

 

朝食01

 

またなんといっても印象が強かったのがオムレツ!

キノコ・ハム・オニオン・チーズ・ホウレンソウの好きな具材を トッピングでき、

もちろんトッピングせずにプレーンにしたり 全部トッピングも可能です。

(全部トッピングの方が結構多かったです)

 

コーンフレークも玄米のフレークと普通のフレーク・グラノラの3種類で 女性には嬉しいかなと。

フルーツやサラダもそこそこ充実してて、何よりソーセージは 普通のとバジルが入っている

ドイツっぽいのもあってかなり美味でした。

 

 

●建物全体・・・

 

ここまでお話しした通り1階には大浴場・朝食会場があり、また館内の ハ

ウステンボス入国棟側にはお土産屋さん・パン屋さん・ファミリーマート(23時迄の営業) があり、

フロントは2階にあります。

なので、チェックインの際はお土産屋さんの入口にある階段で2階まで行くか

ハウステンボスのバスやタクシーの停車場のある(1階に値する)

ホテルの入り口から入った場合は、入ってすぐ左に曲がってもらいエレベーターに乗って

2階に行ってもらうことになります。

(車でお越しの方やJRハウステンボス駅から来られた場合は道なりに

行くとフロントのある2階から入れるのですが、ただし道中坂道になってます)